ニューオーリンズへ行ってきた。

R7223359.jpg
5/4 7:33c
P5031212.jpg
ニューオーリンズには、アメリカがアメリカになる前の風景が残ってると聞いて、やってきた。旧フランス領ルイジアナの名残、フレンチ・クォーター。
R7223368.jpg
P5031241.jpg
R7223377.jpg
R7223380.jpg
R7223381.jpg
R7223382.jpg
11:45c 超有名なお店らしく、すごく混んでたので、テイクアウトを買って、店の外で食べた。
R7223408.jpg
タロット占い、シエスタ中。こんな所も欧州的?
R7223394.jpg
The Big Easy(ニューオーリンズ)にいるなら「Po Boy」を食べなよ!というメールが会社の部品担当から届いた。
R7223388.jpg
何を頼んだらいいか判らなかったので、最もティピカルなPo-Boyを、ちょっとFancyに、って言ったら、これが出てきた。
R7223389.jpg
サックサクのフランスパンを使ったサンドイッチだった。そういえば、プアボーイ(Poor Boy:貧しい男の子)というサンドイッチがどこかにあると聞いたことがあったが、これだったか。
R7223390.jpg
入店のタイミング良かった。食べ終わった頃には、この行列。
R7223420.jpg
P5031273.jpg
このあと、この日の目的地、国立第二次世界大戦博物館へ。戦争のことは学校であまり習ってこなかったし、歴史も積極的に勉強してきたほうではなかったので、この歳になってキャッチアップするのが大変。ここでは、イタリアのエチオピア侵攻(1935年)を欧州の、そして日本の満州侵攻(1931年)を東アジアの、それぞれ1941年のアメリカ参戦に至る大戦の火種として紹介してました。
R7223445.jpg
ダウンタウンでのレストランでジャズを聴きながら夕食を、といきたいところだったけど、ホテルは郊外。なので、前日、混んでて気になったレストランへ。
R7223451.jpg
20:10p 席に通してもらうまで、けっこう待った。
R7223452.jpg
ケイジャン・ザリガニ・ビスク。これはこれですっごい美味しいんだけど、他のお客さんたちが食べてる茹でザリガニが気になり、試してみることに。
R7223455.jpg
ちょっとだけ、って言ったのに、こんな盛り付け。これが最小らしい。それもそのはず、あとで値段見てビックリした。これで、たったの1.99ドル。他の人たちはこの倍以上もある量をむしゃむしゃ食べてるのだ。
R7223456.jpg
他のお客さんに、食べ方を教えてもらって、写真も撮ってもらった。一人旅の醍醐味!
R7223462.jpg
これは、みんな食べた後の殻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です