イギリスの消防ラッパなど。

13052009.jpg
今日の練習は、突然みんな外へ出たと思ったら行進の練習でした。当地はイギリス国内でも訛りの強い「ブラックカントリーアクセント」が使われてるので、僕にはネイティブ同士の会話が聞き取れないのです。
組々で方向転換する際、列が外側に膨らんでしまうというのは我がバンドでも同じでして、それを矯正するための練習を今日は重ねておりました。
今日はラッパ隊の皆さんに使える小ネタを仕入れてきましたよ。
気をつけ!・・・・・Shunt!(シャンッ)※Attention(アテンション)の略
速歩、進め!・・・・Quick march!(クイッ・マーッ)
(止まれはドラムの合図で行うので、号令なし。)
休め!・・・・・・・Stand at ease!(スタン・アッ・イース)
別れ!(右向け別れ)Turning right dismiss!(ターニン・ライッ・ディス・ミス)←4シラブル
むかし朝練でふざけて英語版操法とかやったなぁ。
いきなり「カモン!(集まれ)」で大笑いしたっけ。
R0014262.jpg
我が師匠リーさんがイギリスの消防ラッパを持ってきてくれました!
まさか海を渡ってまでラッパネタで盛り上がるとは夢にも思ってなかったです。
R0014256.jpg
6:50
R0014258.jpg
13:28
R0014259.jpg
17:36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です