7月20日の食事、あとイギリスの風景など。

日本は相当な暑さだということですが、イギリスはとても涼しいです。
これが普通なの?と聞いてみたら、どうやら今年が異常気象らしいです。

ポンドランドでガリレオ温度計を買ったのですが、いちばん下の玉(18℃)が下に降りることすらまれです。

8:15 朝食にはまたまた米食。でもやっぱり昨日の朝食が最高でした。今日のはオムライスの中のチキンライスみたい。

12:30 消費期限リミットのサーモンを普通に焼いてみた。生焼けだったので写真を撮った後にレンジでチン。

17:55 夕食はウスターという街でメキシカン。おいしかった!
日曜の午後、会社の方と奥さん一緒にこの街を案内していただきました。
「ウスターソースって知ってるだろ?ウスターってココのことさ!」
「Worcester」で「ウスター」とは、アメリカ人でも読めないですね。

街を流れるセブン川は頻繁に氾濫してしまうようで、その時々の最高水位がたくさん刻印されていました。昨年も氾濫していたようです。

無学ゆえ知らなかったのですが、たいへん有名な「ウスター大聖堂」へも連れて行ってもらいました。中ではちょうど聖歌隊が練習中で、パイプオルガンの荘厳な響きに心が洗われたような気がします。

無学ゆえ知らなかったのですが、たいへん有名なエドワード・エルガーさん生誕の地ということで、立派な銅像が建っていました。さすが「威風堂々」としてますね。

15世紀頃の裕福な商人の住宅を保存した The Greyfriars の庭園です。建物の中はまさに豪商の館といった感じで、戦後に日本を訪れたことがあるというおじさんがとても丁寧に経緯を紹介してくれました。
先週行ったバーミンガムと違い、ウスターは空襲を受けなかったため街全体にどっしりとした歴史的なたたずまいを感じます。すっかりこの街が気に入りました。
帰り道の途中、ウスターソースを作った人の旧邸宅を車窓より見物。今は高級アパートになっているそうです。

会社の人にはお宅まで招いていただき、ゆっくりとお茶の時間を楽しむこともできました。僕がストロングボウ(ビールをサイダーで割ったようなものスパークリングワイン)が好きで、昨日もわざわざそれを飲みにフリーハウスへ行ったんだと話したら、帰りにたくさんおみやげをもらってしまった…。なんだか「やっちまったなー」な感じです。
ポットベリーさん、とりあえず英国の風景についてはこんな感じです。
また次回を楽しみにしていてください。

7月20日の食事、あとイギリスの風景など。” への3件のフィードバック

  1. 早々うに希望を叶えて頂き有難う御座います。日本にいながらイギリスの事を知る事が出来、これからも楽しみです。
     今日は7月21日海の日でお休みです。朝から雲一つ無い晴天で汗だくです。昨日は、高校野球の決勝戦が行われ、東信の佐久長聖は後1本が出ず、2-3で松商学園に負けてしまいました。
    イギリスは野球よりサッカーですね。サッカー観戦の予定など有りますか?。次回を楽しみにしています。

  2. サッカーは今シーズンオフですね。
    競馬は会社にビッグファンがいますので、
    そのうち連れて行ってもらえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です