iCal→Plaxo→Google

僕はGoogleカレンダーをスケジュール帳の代わりに使っています。
GCMGという便利な仕組みのおかげで、ケータイからもアクセスできてとても便利。
ケータイのカレンダー機能は使わず、Googleで一元管理、というわけです。
先日からは、Plaxoというサービスも使い始めました。
このPlaxoを経由して、GoogleカレンダーがiCalやOutlookと同期できちゃうのです。
初めはデータの重複に悩んだけど、これは想定内。
うまく整理して、理想的な環境が整った、はずだったんですが、、、
始まりと終わりが決まってるデータならまったく問題ないんだけど、「終日」として登録されたデータをiPodで表示させると、当日と翌日の2つが表示されちゃいます。
うーん、これは不便。
「終日」の扱いについては、前にPalmとOutlookの同期でも悩んだことを思い出しました。データの取り扱い方が統一されていないんでしょうねぇ。
iCalでは「終日」として表示されているデータが、iPodでは当日12:00から翌日12:00までのデータとして扱われちゃうみたい。
iCalで作成したり、既存のデータも一旦iCalで「終日」をOff/Onすれば正しく表示されるみたいだけど、なんか厄介です。
僕の場合、「終日」として登録するのは休日データがほとんどなので、そういうのはiCalで作成して、その他のスケジュールはできるだけ時間帯を設定する、というのが対策ということになりそうです。
以上、備忘録&同じ轍を踏んでしまう方へのアドバイスでした。
参考リンク http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0707/10/news108.html

iCal→Plaxo→Google” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です