パッチギ!(映画)

昨年、長野市にできたシネコン「長野グランドシネマズ」。
話のタネに、どういうところだろうと日曜日の夕方に立ち寄ってみたら、ちょうどこの「パッチギ!」が始まるところ。それほど興味はなかったんだけど、新作のプロモーションとしてワンコイン500円で上映されていたので、ポップコーンをつまみながら観てみることにしました。
2004年の井筒和幸監督作品。当ブログ、初の邦画です。
ちょうど、僕が生まれた頃。人々が、今よりも強くアイデンティティを主張していた時代のお話です。日本人と在日朝鮮人が対立する構図の中、一途な恋心から、在日朝鮮人のコミュニティに交わろうとする男の子。彼の歌うフォークソングは、人々の心をつなぐ架け橋となってラジオから流れていく・・・。難しい時代背景を描きつつ、ベタな青春ドラマとしてもおもしろい映画になっていると思います。
パッチギ – 公式ポータル

/ ハピネット・ピクチャーズ(2007/04/25)
しおいりのお気に入り度 ★★★★☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です