初代チョロ松、大往生。


ウォークマン聴き“瞑想”のチョロ松、大往生 – 読売新聞

 ソニー・ウォークマンのCMに出演し、「音楽を聴きながら瞑想(めいそう)するサル」として人気を集めたニホンザルの初代「チョロ松」が14日、老衰で死んだ。29歳8か月で、所属する周防猿まわしの会(山口県光市)では「人間なら100歳の大往生だった」としている。

初めてのウォークマンは、確か歴史的名機のウォークマンⅡだったと記憶してます。
確か、おじさんからのおさがりでもらったんじゃなかったけなぁ。
その後、CDウォークマン、MDウォークマンと、よくお世話になったものです。
iPodを使うようになるまで、ね。
このCM、もう20年も前だったんですねぇ。驚きました。
僕も今年、社会人20周年です。驚いちゃいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です