フィッシュアイ

年賀状の写真撮影用に、LOMOの「フィッシュアイ」を買ってみました。これが面白い!
Lomo Fisheyeロモ・フィッシュアイ ←LOMO Fisheye だいたい6,000円くらい
ファインダーなんてぜんぜんアテにならないから、カンでシャッターを押すしかない。あとは、現像の仕上がりを楽しみに待つ。36枚撮りのフィルムでも、カワチ薬品なら同時プリント1本598円。このくらいならバシバシ撮れる。
初めて手にした魚眼レンズのわりに、けっこうまともに撮れたような気がするので、恥ずかしながらいくつか作例を。
Scan0012.JPG

逆光ネライ
Scan0015.JPG
夕方屋外ストロボ
Scan0014.JPG
室内ストロボ
Scan0013.JPG
夜間ストロボ
Scan0011.JPG
早朝
Scan0010.JPG
夜間のストロボ撮影は、よほど至近距離でないとダメですね。予想はしてましたけど。画角は驚きの170°ということだったのですが、プロ用の超口角レンズとは異なり、周辺部で一気に広がる感じです。ISO400のフィルムで、わんこの写真はどれも夕方。発色は、実際の感覚とほぼ同じでした。鼻でか写真のほうは…うちの犬が落ち着きなくて、残念ながらうまく撮れず。でも、ご近所のモモちゃんはとってもお利口さんで、よく撮れていました。もうプレゼントしちゃったので、ここには載せられないんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です