地滑りで2千数百人死亡か 比・レイテ島

信濃毎日新聞 www.shinmai.co.jp

 【マニラ17日共同】フィリピン中部の南レイテ州(レイテ島)セントバーナード付近で17日午前9時(日本時間同10時)ごろ、豪雨で大規模な地滑りが発生、住宅や小学校など多数が土砂に埋まり、一つの村全体がほぼ壊滅状態になった。レリアス州知事は民放テレビ局ABS−CBNに23人の遺体を収容したと発言。だが、国防省当局者は2千数百人が死亡したとみられるとしており、犠牲者はさらに増える見通し。
 レイテ島周辺やミンダナオ島では2週間ほど雨が降り続いており、降水量は計500ミリに達し、2月の月間平均降水量の100ミリを大幅に超えていた。現場一帯も地盤が緩んでいたとみられる。

紙面に解説が載っていたけど、これは自然災害ではないみたいです。
地盤の緩み。その原因は、過剰な森林の伐採にあると伝えられています。

貧しい人々は、今を生きるために木材を切り出します。そのほとんどが、違法伐採。業者が役人にわいろを渡し、違法がまかりとおっているんだそうです。
そして、その違法に伐採された木材は、我が国でも消費されます。コスト追究とグローバル化のツケは、遠くフィリピンまでまわっているのです。その責任が我が国にもあることを、これを読んでるみなさんにも知ってもらえたら、と思います。
中学時代の同級生、加藤君はこの問題の専門家。
いま、飯田に住んで国会議員をめざしてます。
加藤君のウェブサイト

地滑りで2千数百人死亡か 比・レイテ島” への1件のフィードバック

  1. レイテ地滑り:違法伐採対策で日本はイニシアティブを
    昨年の英グレンイーグルズ主要先進国首脳会議(G8サミット)で日本政府は、東南アジアやロシアで森林消失の大きな要因となっている違法伐採への包括的対策案を提案…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。