カテゴリ 'trips' のアーカイブ

今日のごはんと、自由の鐘。

2010年9月5日(日)0:00

R7219659_2.jpg
7:24 朝ごはん

イギリスの音楽隊で一緒に太鼓叩いたクリスとアリソンの間に赤ちゃんが生まれたというので、切手とカードを買いに出た。ファーストクラスの切手なら何枚もあるので、エアメールの差額用に¢10の切手を買いに郵便局へ行ったのだけど、窓口のおばちゃんはエアメール用の切手じゃなきゃダメだと言う。そんなあほな。仕方なく、そこは良いなりに98セントのエアメール用切手を買って帰ったのだが、納得いかないのでウェブサイトで確かめた。大丈夫。ファーストクラス2枚と¢10でOKだ。ところで、そのファーストクラス切手に描かれてある「自由の鐘」。これはフィラデルフィアにあるそうだ。それならすぐ近く。というわけで、出かけてみた。

R7219664_2.jpg
R7219663_2.jpg
13:29 お昼にフィラデルフィア名物のチーズステーキを食べるつもりが、なかなか目的地に到着しないので、途中でホットドッグを食べた。

日本の地図なら、ざっと見て距離感をつかめるのだけど、アメリカはだめだ。「すぐ近く」に見えた目的地は、片道200キロ先だった。

R7219681_2.jpg
夏休み最後の連休ということで、けっこう混んでました。切手と一緒に記念写真。

R7219705_2.jpg
18:16 本場のチーズステーキ。隣のテーブルの華奢な女の子もペロリ平らげてたけど、けっこうなボリュームだよ、これ。でも、仕事帰りの兄ちゃんはこれにさらにピザ付けて食べてた。

R7219700_2.jpg
市庁舎(正面)とフリーメイソン寺院(左)

R7219710_3.jpg
日中、すごい行列になってた「フランクリンファウンテン」というアイス屋さん。帰りに寄ったら待たずに買えた、緑茶と生姜のアイス。どちらも風味豊かでビックリ。こりゃ行列にもなるわなー。

R7219712_2.jpg
ちょうどお客さんが切れた一瞬のチャンスだったようで、その後も行列になってました。

今日のごはんと未知との遭遇

2010年7月20日(火)20:40

忙しいから現実逃避。気分転換にと、ただいま一泊旅行中です。

R0019205.jpg
4:52 朝、3時起きで空港へ。朝食はでかいマフィンで済ませた。

R0019216.jpg
外の景色に夢中でドリンクサービスに気づかなかったが、後で持って来てくれた。

R0019233.jpg
11:17 空港でレンタカーを借り、まずは腹ごしらえ。時差が2時間あるので、もう13:17。マフィンのあと何も食べてなかったので腹ペコだった。

R0019235.jpg
サウスダコタ州からワイオミング州へ。目標の50州踏破まで残り38。

P7200619.jpg
見えた!

P7200622.jpg
烏帽子岩じゃないよ。


今回の旅の目的地その1、デビルズタワー。この先は有料($10)なので、ここまでにしておく。もう迫力はじゅうぶん体感した。

R0019261.jpg
前回、日帰り旅行で失敗しているので、今回は最初から一泊するつもりで来た。ニューキャッスルという町のホテルの二階、いかにも昭和のドライブインみたいな感じの展望レストランにて。

R0019263.jpg
何かワイオミングらしいものを、とたずねたところ、シーフードをすすめられてしまった。内地だから人気があるのだろう。珍しそうなところでカントリーフライなる料理を頼んでみた。昭和の頃から変わらぬ味を提供しているんだろうなー。

日本だと例えば宮崎へ行けばチキン南蛮、盛岡だったら冷麺とか、そこへ行ったならコレ食べてきなよ、みたいな話題になる食べ物がどこでもきっと何かあると思うのだけど、こちらではアメリカ人に聞いてもなかなか「これだ!」という情報が得られない。国がでかすぎるから、ご当地グルメ情報はあまり行き渡らないのだろうか。

誰か、明日サウスダコタで何を食べるべきか教えてください。
Let me know what should I eat in South Dakota. I’d love to eat something like a local food!

ここ数日のごはんと、ナイアガラ大瀑布。

2010年3月28日(日)8:50

R0018045.JPG
ここ数日の朝ごはんはこんな感じ。

R0018046.JPG
出張先でのお昼ご飯の一例。

R0018049.JPG
木曜日の晩ご飯。この日は夕方から雪。

R0018054.JPG
R0018056.JPG
R0018058.JPG
金曜日の晩ご飯。仕事も何とか成功裏に終わりそうだったので、焼肉で打ち上げといきたいところだったが、ネットで探して行った先のコリアンレストランはビールもグリルもないお店でした…。でもお味のほうは本格的。おいしかったー。

R0018061.JPG
週末は日本からの出張者とドライブ。退屈な高速を降り、エリー湖沿いの一般道を東へ。

R0018059.JPG
ぶどう畑の続く街道沿いにて。こんなボコボコのアコード、いったいいくらで売るつもりなんだろう。

R0018074.JPG
トラクターも売ってた。

R0018086.JPG
ほんとうは本場のバッファローウィングスを食べたかったのだけど、グリークレストランへ入ってしまった。

R0018110.JPG
旅の目的地に到着。宇宙人も来てた。


知らずに舟で下ってきたらビックリするだろうなぁ。

R0018151.JPG
国境を渡ってカナダに入ったら大雨でした。

R0018159.JPG
というのはウソで、滝から巻き上がるマイナスイオン満載の霧。カメラもびしょ濡れ…。

あえて淡々と書いてますが、僕の想像をはるかに超えていたスケールにビックリ。有名な観光船「霧の乙女号」は冬季運休中だったけど、凍った滝を見ることができるのもあと数日ではないかと思うとラッキーでした。ヨーロッパでは古い街並みを歩くのが好きで旅をしていたけど、アメリカではこういう大自然をいろいろ見られるのかと思うと楽しみです。

R0018212.JPG
クリーブランドへ戻り、晩ご飯。

帰りは社有車の中から発掘された謎のCDを聞きながらだったので、退屈せずに済みました。おニャン子なんて誰が聞いてたんだろう…。

休暇終了。

2009年5月26日(火)21:50

RIMG0030.jpg
8:29 メロンがでかい

R0015143.jpg
11:53 髪の毛がもっさもさだったので、床屋さんに寄ってさっぱりしてもらってきました。仰向けシャンプー初体験。

R0015149.jpg
12:46 ポルトワイン

R0015150.jpg
12:47 やっぱりビール

R0015154.jpg
13:56 大西洋を望む

R0015191.jpg
15:29 数字も読めず、あいさつもろくにできないのに、ビール1杯ください、という言葉だけはすぐ覚えることができるから不思議。

R0015202.jpg
R0015227.jpg

R0015239.jpg
16:42 ポルトは立ち飲み居酒屋天国でした。

R0015242.jpg
R0015250.jpg
R0015282.jpg
そして深夜に帰国。もう、こんな一人旅はできないだろうなぁ。

切符の選び方から改札の通り方まで手取り足取りで教えてくれたメトロの車掌さん、食べ物の好みを聞いて間違いのないものを出そうとするレストランのおやじさん。僕が会ったボルトの人は、親切に妥協がありませんでした。

5月24日、ポルトへ。

2009年5月26日(火)21:45

100_1633.jpg
9:17

100_1642.jpg
10:18

R0015055.jpg
13:38

100_1661.jpg100_1670.jpg

R0015067.jpg
17:22

R0015068.jpg
17:36

100_1675.jpg
18:12

R0015084.jpg
18:51

100_1699.jpg
18:54

R0015116.jpg
19:27

R0015120.jpg
19:33

R0015129.jpg
19:58

この静かな町が、夜はずいぶん賑やかでびっくり。叫び声はするわ、クラクションはすごいわ、暴走族は現れるわ、というわけで、何かあるのかフロントへたずねてみたところ、この日は地元フットボールチーム「FCポルト」の優勝凱旋パレードがあるとのこと。安宿で、部屋にいても面白くないので外へ繰り出したところ、それはすごい盛り上がりぶり。肌寒い夜でしたが、人いきれの熱気がすごかったです。

バルセロナ2日め。

2009年5月26日(火)21:15

R0014762_2.jpg
7:55*

R0014808_2.jpg
10:26*

R0014828_2.jpg
10:53*

R0014912_2.jpg
12:06*

R0014923_2.jpg
12:37*

R0014942_2.jpg
13:18*

R0014958_2.jpg
14:28*

R0014981_2.jpg
15:11*

R0015004_2.jpg
17:01*

R0015021_2.jpg
18:15*

R0015030_2.jpg
19:39*

Image002.jpg
22:28*

泊まったホテルがFCバルセロナ本拠地のすぐ脇。地元のパブでテレビ観戦、そしてリーグ優勝を祝う花火。思いがけず、楽しい夜を過ごすことができました。

*中央ヨーロッパ時間(イギリス時間+1)

バルセロナへは寝台列車で。

2009年5月26日(火)21:00

R0014657.jpg
8:30*

R0014660.jpg
8:38*

R0014669.jpg
9:06*

R0014704.jpg
9:39*

R0014712.jpg
9:45*

R0014713.jpg 9:45*

R0014720.jpg
9:53*

R0014733.jpg
11:17*

R0014742.jpg
12:09*

R0014761.jpg
15:02*

100_1574.jpg
18:34* もつ煮!

100_1623.jpg
22:14*

バルセロナへ行くならマジック・ファウンテンを見るといいよ、と会社の人が教えてくれたので、行ってみました。これはすごい。ろくに下調べをせずにいたので、危うく知らずに見逃してしまうところでした。

*中央ヨーロッパ時間(イギリス時間+1)

5月21日のごはんと、パリの景色。

2009年5月26日(火)20:50

R0014422.jpg
6:01

R0014430.jpg
7:01

R0014447.jpg
11:58*

R0014473.jpg
13:08*

R0014485.jpg
13:34*

R0014514.jpg
15:25*

R0014562.jpg
15:44*

R0014585.jpg
16:34*

R0014597.jpg
17:14*

R0014613.jpg
18:10*

R0014620.jpg
18:35*

R0014642.jpg
19:28*

シャンゼリゼで中国人から声をかけられたのだけど、何言ってるか判らなかったので「ごめんなさい、わかりません。私は日本人です。」と中国語で言ったら、よけい早口でごちゃごちゃ話しかけられてしまいました。失敗。

中央ヨーロッパ時間(イギリス時間+1)

マルカンデパート大食堂

2008年4月27日(日)19:05

花巻市にあるマルカンデパート。→Wikipedia
ここの「大食堂」では、ソフトクリームを箸で食べるというのです。

TS3E0393.JPG
そんなアホな、と思っていたんですが、実際に行ってみてビックリ。
家族連れも、カップルも、
みんなひとつのソフトクリームを仲良く箸でつっついていました。

僕も皆さんの真似をしながらいただいてみます。

TS3E0383.JPG
まずは頭頂部から。間違っても、かぶりついちゃダメよ。

TS3E0385.JPG
次は周囲を丁寧に削ぎ落としながら。ペロペロ厳禁。

TS3E0387.JPG
あ!中が空洞だ。でも悪意ではなく、芸術的なプロの仕事なんだねー!

TS3E0388.JPG
自分のペースでゆっくり食べたい人は、ここで備え付けのカップをどうぞ。

TS3E0390.JPG
ほらこのとおり。おしゃべりしながら、ゆっくり安心してソフトクリームを食べられます。
※初めからプラカップに入った仕様もアリ(同額140円)

TS3E0391.JPG
メニューはすべてサンプルで展示されていました。
そういえば昔の食堂ってこんなだったよなー。

TS3E0392.JPG
スイーツの充実ぶりがすごい。高額メニューも売れ行き好調のようでした。

近くの席に腰の曲がったお婆さんがいたのですが、ハンバーグステーキを
ナイフとフォークでおいしそうに召し上がっている姿が印象的でした。
買い物の途中、ここでごちそうをいただくのを楽しみにしていらしたのでしょう。

TS3E0382.JPG
評価点 140.0

大連の車窓から

2008年4月11日(金)12:30

RIMG0063.jpg
路面電車にどうしても乗ってみたくて、大連駅前でタクシーを降ろしてもらいました。

RIMG0061.jpg
運転手さんには女性の方が多く活躍されているようです。
ノースリーブの若い女性が運転することもあるようですが、僕が乗った電車の運転手さんは100パーセント純正のオバチャンでした。

RIMG0064.jpg
それは威勢のいいオバチャンで、軌道をさえぎるクルマに向かって大声で怒鳴ったり、足踏みホーンを鳴らしていました。
オバチャンの後ろにあるのは料金箱で、乗るときにここへ1元を入れます。
両替の仕組みはありませんので、小銭の持ち合わせがないときは他のお客さんから小銭をもらい、立て替え払いをすることになります。

RIMG0067.jpg
プリペイドカードも普及しているようです。
いま調べてみたら、このカードは交通のほか、市内の映画館などでも使えるそうです。

RIMG0070.jpg
わずか一区間の乗車でしたが、とてもいい思い出になりました!